NMNについて詳しく知りたい方へ

NMN(β-Nicotinamide Mononucleotide)とはビタミンのような働きをする成分で、体の中で自然に作られます。
ヒトやあらゆる生物に存在し、体内で自然に生成されている物質ですが、年齢とともに体内から減少すると加齢がはじまり、様々な体調面の変化(身体機能や認知機能の衰え)が進むと考えられています。
このNMNを摂取することで、身体の見た目や機能が、まるで時計の針を戻すように劇的な変化を起こすことを突き止めた研究が次々と発表され、「若返りの薬」として世界中で注目を集めています。

最近の研究では、長寿遺伝子群(サーチュイン)を活性化させることが確認され、若々しい健康の維持に関連した注目の成分として世界中で話題を呼んでいます。
食品では枝豆やブロッコリーに多く含まれていますが、100mgのNMNを食事で摂取する場合、40kg(約2,000房)ものブロッコリーを食べなくては摂取できません。
点滴により効率よく、NMNを体に取り入れることができます。

若返り成分である“NMN”は、体内に吸収されたのち全身の隅々に届けられることでNAD+という物質に変換されます。
NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。
さらに40代になるとピーク時の半分まで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。
そのため、NAD+濃度を上げる方法として、NAD+の原材料であるNMNを補うことが効果的です。

ミトコンドリアは細胞の中にあり、消化吸収した栄養素をエネルギーに変えてくれます。そのミトコンドリア自身はエネルギーを生み出す過程で、活性酵素を発生させます。若い細胞中のミトコンドリアが排出する量は少なく、加齢した細胞中のミトコンドリアは多く排出します。
活性酸素は体に害があるばかりではなく、ミトコンドリア自身もダメージを受けてしまい、さらに活性酸素排出量が増えてしまいます。ダメージが蓄積されたミトコンドリアはエネルギー生産量が落ちてしまい老化につながります。

NMNは、骨格筋、肝臓、心臓および眼を含む様々な代謝器官においてミトコンドリア機能を改善することが報告されています。マウスを使った実験では、たった1週間という短期間で40歳の若返りを果たしたのです。

いつまでも若く健康でいたいと思うのは万人の願いです。しかし、年齢に応じて肌も体力も衰え、年齢相応となっていきます。では何が老化の原因となっているのでしょうか?

それが「サーチュイン(長寿)遺伝子」なのです。

この遺伝子の活性化が肌細胞・体力・疲労などの身体機能を改善し、若返りをもたらします。
NMN点滴は、このサーチュイン遺伝子を活性化するためのもので、いつまでも若さを保ち、健康的な生活をお送りいただくためのものです。